MENU

利尿剤の種類という副作用

利尿剤と聞くと「尿を流す薬」のイメージがあると思います。

 

利尿剤の効果はそれだけではないのです。高血圧、むくみ、メニエール疾病などさまざまな疾患に利尿剤が使用されます。

 

気になるのは副作用だ。利尿剤の種類という副作用に対して。

 

スピロノラクトン,効果,薬価,副作用,ニキビ,通販,市販

 

利尿剤
利尿剤は、効用や疾患の違いからさまざまな舞台があります。血圧を引き下げるための降圧剤として使用されるもなどもあり、さまざまな舞台があるので副作用が気になります。

 

基本的に利尿剤は、体内のモイスチャーや毒を体外に排泄するために支出します。

 

尿はモイスチャーや電解品質を体外へ排泄するのに効果類なのです。

 

尿は腎臓でつくられていますが、腎臓は体内の状態にて尿の容積や濃度をコントロールしてもらえる。

 

利尿薬は、尿の容積や濃度を調整が正常に働かないといったケースにモイスチャーを体外に排泄するために使われている。

 

 

チェーン利尿剤の効果と副作用

■フロセミド(ラシックス、オイテンシンなど)
■トラセミド(ルプラックなど)
■アゾセミド(ダイアートなど)
■ピレタニド(アレリックスなど)

 

チェーン利尿剤の効果
チェーン利尿剤は、強力利尿薬に分類されている。腎臓に作用して尿容積を増加させる働きをしてくれます。

 

体内に溜まっていらっしゃる余分なモイスチャーを排泄します。余分なモイスチャーを排泄する結果、血圧が下がりむくみが改善されます。

 

また、心臓への心配を軽減することもできます。チェーン利尿剤は、腫れの検査に使用されている。

 

スピロノラクトン,効果,薬価,副作用,ニキビ,通販,市販

 

心臓疾病・腎臓疾病・肝臓疾病や夫人では生理前のむくみの検査にも手広く使用されている。

 

腎臓の尿細管での塩といったモイスチャーの再理解を治める実施をし、尿容積を増加させます。

 

血当事者の余分なモイスチャーが減らせることと、血管障害のナトリウムを減らせる結果血圧を下げます。

 

 

チェーン利尿剤の副作用
脱水疾患
薬が効き過ぎてしまうと脱水疾患の疾患があらわれます。
他にも、眩暈、口渇、脱力印象、疲弊などの副作用があります。

 

 

低カリウム・低ナトリウム血液症
血当事者のナトリウムといったカリウムの濃度が薄くなって仕舞う、低ナトリウム・低カリウム血液症が生じることもあります。

 

右腕の麻痺・筋肉の硬化・脱力印象・疲弊・吐き気・下痢・腰痛・不整脈が起こります。こういう疾患があらわれた場合は、病院などに相談して下さい。

 

スピロノラクトン,効果,薬価,副作用,ニキビ,通販,市販

 

チェーン利尿剤のその他の副作用
重篤な副作用は滑り出し疾患に起こりやすいと言われています。

 

驚がく疾患が起こると
右腕の麻痺・蕁麻疹・湿疹・表情のむくみ・喉の浮腫・喘鳴・血圧低下・冷や汗・四肢冷印象・スピリット混濁・眩暈などです。

 

血根底の不可思議が起こるという
発熱・喉の苦痛・疲弊・口内炎・皮下出血・鼻血・歯肉出血などの出血をすることがあります。

 

皮膚や粘膜妨げが起こるという
プツプツ・湿疹・水ぶくれ・膿・皮膚がむけたりただれ・皮膚の気力印象・喉の苦痛・発熱・疲弊などです。

 

腎妨げがおこるといった
尿容積の下降・尿の混濁・血尿・むくみ・吐き気・偏腹部痛・腰痛・発熱・プツプツなどです。

 

スピロノラクトン表紙へ