MENU

スピロノラクトン,効果,薬価,副作用,ニキビ,通販,市販

スピロノラクトンをお値打ちに即日発送

浸透圧利尿剤の効果と副作用

浸透圧利尿剤の効果と副作用

■D-マンニトール
■グリオセール
■イソバイド

 

浸透圧利尿剤の効果
脳腫瘍時の脳圧降下や頭部外傷による脳圧亢進時の脳圧降下、腎・尿管結石時の利尿、緑内障の眼圧降下、メニエール病に使用されます。

 

浸透圧利尿剤の副作用
消化器系
嘔気・嘔吐・下痢・食欲不振などの症状があります。

 

副作用があらわれたときは、医師と診断のもと、薬の量を軽減する、薬を一時的に中止するなどしてください。

 

浸透圧利尿剤のその他の副作用には神経系では不眠・頭痛・過敏症による発疹のが起こる場合があります。

 

サイアザイド系利尿剤と副作用

■ヒドロクロロサイアザイド
■トリクロルメチアジド
■クロルタリドン
■インダパミド

 

サイアザイド系利尿剤の効果
サイアザイド系利尿剤は腎臓に働きかけ、尿量を増加させる作用があります。尿量が増加させることでむくみを改善し、血圧を下げる効果があります。

 

サイアザイド系利尿剤は降圧薬して使われますが、処方される頻度は減ってきています

 

サイアザイド系利尿剤の副作用
血糖コントロール異常
利尿剤の効果が過剰になることで、血液中の糖が増えてしまい、糖尿病や予備軍の方は制御が難しくなってしまいます。

 

体内では、インシュリンとグルカゴンが働いています。どちらかが過剰になっても不足してしまっても制御は難しいと言われています。

 

血中尿酸値の増加
尿酸値が高くなると痛風を発症しやすくなります。

 

サイアザイド系利尿剤の副作用で尿酸値が高くなっても、痛風になる人はあまりいないです。また、痛風の症状がある人には使われません。

 

血中カリウム値の低下
血中のカリウム値が低下してしまうと、体のだるさが起こります。他にもお腹が張ったり、脈が乱れたることなどがあります。

 

カリウム値が低下した場合は、カリウムを摂取することで改善されます。

 

サイアザイド系利尿剤を使用する際は、カリウムが豊富に含まれている果物や生野菜を摂取すると副作用が出づらくなります。

 

血中カルシウムの増加
血中のカルシウムが増加することが稀にあります。日に当たった場所に発疹ができてしまいます。また、この作用が尿路結石予防に使われることもあります。

 

抗アルドステロン利尿剤の効果と副作用

■スピロノラクトン
■トリアムテレン
■カンレノ酸カリウム
■エプレレノン

 

抗アルドステロン利尿剤の効果
高血圧症、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫、特発性浮腫、原発性アルドステロン症、悪性腫瘍に伴う浮腫、栄養失調性浮腫の治療に使用されます。

 

抗アルドステロン利尿剤の副作用
電解質異常
高カリウム血症や低ナトリウム血症などの電解質異常があらわれることがあります。異常があらわれた場合には、薬を一時的に中止するなどしてください。

 

また、電解質異常が起こると、不整脈や脱力感があらわれることがあります。このような症状があらわれた場合には、薬を一時的に中止し、医師の判断のもと処置を行ってください。

 

急性腎不全
急性腎不全の症状があらわれることがあるので、異常が認められた場合には薬を一時的に中止し、医師の判断のもと処置を行ってください。

 

抗アルドステロン利尿剤のその他の副作用
内分泌系の副作用では、性欲減退・多毛・女性型乳房注・乳房痛・生理不順・不正出血などが起こります。

 

精神神経系の副作用では、めまい・頭痛・手足のしびれ・神経過敏・うつ症状・眠気などの症状が起こります。

 

肝障害の副作用では、ビリルビン値の上昇などが起こってしまいます。

 

腎臓の副作用では、BUN値の上昇などが起こってしまいます。

 

消化器系の副作用では、吐き気・嘔吐・下痢・便秘・口渇・食欲不振などが起こります。

 

スピロノラクトンTOPへ